11cmドール服作り|簡単浴衣-草履編

はじめてのかたは 必読11cmドール服オリジナル製作と各部分の縫い方をお読みください。型紙はリトルダル+とリトルプーリップ+と同ボディサイズのdocolla(ドコラ)とプチブライスも合うサイズです。
______________________

~草履編~
f2-s001zouri5.jpg

*『おゆまる』を使用した基本の靴の作り方はこちら

草履をリトルダル+の足サイズで作ります。以前に足袋草履を作りましたが、それとは少し異なるので新たに書いていきます。

※ドールに靴を履かせたまま長期放置していると材質の色がドールに付いたり、保管時も周囲の温度上昇で溶けたりするかもしれないのでご注意ください。

おゆまるの使用枚数のめやすは、足底の片足分は『女の子は1枚半弱ぐらい』、メンズは2枚弱ぐらいです。
ということで足底部分は両足分で3~5枚、鼻緒は両足分で4~5枚。いつも多めに準備しています。

【1】
おゆまる黒の全量を不透明になるまでよく『折り畳んでは薄く伸ばす』を繰り返します。
全量を半分(片足分)にカットして成形してドールの足を軽く埋め、冷めてから外します。
f2-s001zouri1.jpg

【2】
おゆまる赤の全量を不透明になるまでよく折り畳んでは薄く伸ばします。
長い長方形を作って薄くのばして、適度な長さにカットします。
012kutu5.jpg012kutu6.jpg
長い一本を半分に折るという方法もありますが、私は左右2本で作っています。

まず、つま先の鼻緒部分の両端を軽く湯につけて結着します。
f2-s001zouri2.jpg

左右のかかとの端はドール足に密着させて成形します。そのとき長めに残して左右を結着させ、足底を「熱過ぎない適温の湯」につけてプレスします。
f2-s002yukata26.jpg
そのほうが草履に結着させやすいように思います。

【3】
2の状態で足底を湯につけて【1】(足を埋めたほうが上です)と結着させます。湯の温度が低いと結着力が弱まりますが、あまり高温だと熱気で鼻緒が変形しかねないので注意してください。
f2-s001zouri6.jpg
出来上がりです。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

[Chronicle] Designed by Akira.

Copyright © 77-16,Soragaoka All Rights Reserved.