北欧の映画|ロッタちゃん はじめてのおつかい

  09, 2011 00:00
もう10年ぐらい前に話題になったタイトルです。物語の季節は秋冬、ストーリーは強がりなロッタちゃんが微笑ましく、家族や周囲の人々の愛情が伝わってくる温かい内容でした。

映像のほうは北欧カントリーのインテリアがたくさんみられるところが気に入りました。まず子供部屋がとても可愛いです。現代の北欧の物の少ないデザイン的なスタイルとは違い、おもちゃや家具が普通に置かれています。他にもキッチンやリビング、お隣さんの家のアンティークなリビングや寝室、物置きの二階(雑貨が多数。アンティークドールとおままごとティーセットもありました)、昔の歯医者さん、お菓子屋さん、ガソリンスタンド&売店のような品揃えのお店が見られました。
イベントはクリスマスと復活祭があり、復活祭の朝のイースターエッグ飾りは通常とは違う展開になっています。

第二弾の「赤いじてんしゃ」、こちらは春夏でピクニックや列車で田舎の祖父母の家へ行くなどのイベントがありました。雑貨よりも風景がメインで撮られている気がします。おまけのコーナーに前作と今作のちょっとした解説がありました。

北欧関連で、Lundbyミニチュア家具の記事もあります。

What's New