ユノア少年ヴィエル|アズライトブルー・クール

U-noaBoy_B-el0078.jpg
ヴィエルのお迎え記念に衣装を買い与えたいと思い、
ボークス製のアズライトブルー・クールを中古で見つけました。

U-noaBoy_B-el0079.jpg
同時にディーラー製の幼SDサイズのハットも調達しました。
でも紐を帽子におさめた為に被せ方を間違えています…。

U-noaBoy_B-el0081.jpg
ボディラインが華奢なので下着を着用していても
スムーズに衣装替えがこなせます。

U-noaBoy_B-el0080.jpg
中古注文していた本の『ユノアフリーク1』が届きました。
確かに低評価は致し方なく、独創的というか奇抜なイメージ…。
正直私の好みとは全く違いましたが、
自由な発想で扱えるというコンセプトは伝わりました。

ちなみに非ドール者な家族はヴィエルを『ユノア君』だと誤解していました。
ユノアとは『ユノアクルス』というドールシリーズの通称で、
原型師は荒木元太郎様(塗装版は箱裏に直筆サインあり)、社名が錬金術工房さんです。
家族が荷物を受け取った時に「錬金術から何か来てる!」
ドールだと知っていて、わざとです(笑)

U-noaBoy_B-el0082.jpg
『ユノアフリーク1』で読みたかったユノア誕生までの経緯に関しては、
端的にまとめられていて素人の私にも分かりやすかったです。
テンションゴム交換時の再組立に役立つ写真もありました。
今はネットで調べられますし本体付属の解説書もありますけどね。

荒木様の塗装手順も当時はこうだったのかぁ、という感想です。
ボディのメイクは素人目には今でも参考になりそうな…??
でもエアブラシは高価なので自分で再塗装するならパステルになるかなぁ…。
ユノアフリーク2も中古で手頃な価格でしたので注文しておきました。

U-noaBoy_B-el0083.jpg
秋色に変わりつつあるバラ達と一緒に。
昼間はまだまだ暑いのですが、
バラ達は いち早く秋を感じ取っている様子です。

 * * *

今こうして記事をご覧になっておられる方はご無事かと思いますが、
当ブログは日頃から関東方面のご来訪者さんが多く、
千葉県からのアクセスもいただいているのですが、本日は……。
20時現在もまだ停電が続いているとの報道、加えてこの暑さは余計にお辛いことと思います。
どうか早く復旧しますよう願っております。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply