77-16,Soragaoka

CGイラストと、趣味のドール・食玩・花の写真などを扱っています

1/3ランス|なんちゃってクロマキー合成

R_Line_Lance-FaceUpOrder0560.jpg
フリーの写真素材を使っての合成もリアリティがあって面白かったので、合成しやすい単色布を背景にして撮ればラクに作業できるかな〜と今更ながら思いました。
なんとなく知りつつも実行しなかったのは、黄緑色が反射して被写体が緑に染まるのがイヤだったからです。

ですが実際に試してみると色補正しやすくて割と手間なく馴染ませることができました。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0566.jpg
ただこちら、ランス画像と背景画像の解像度差が開きすぎたのが敗因で色潰れジャギっています。
ドールは背景に適した解像度で撮らねばと学びました。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0561.jpg
黄緑色の残骸が適度に飛ばせる縮小率が理想です。こちらはちょうどいい感じでした。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0562.jpg
合わせる背景がモノクロームでも、
髪の色と背景色の差がハッキリするので白背景に乗算するよりも作業しやすかったです。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0563.jpg
クロマキー合成用のクロマキーグリーン背景布はそんなに高くはなかったのですが、折り畳みシワをとるのが大変、素材によってはテカリで反射するというレビューもあり、
ダイソーさんのフェルト(60*70cm)で代用されている例を見かけて「コレは家にある!」と喜びながらの撮影でした。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0567.jpg
椅子に座らせる場面は背景画像を見ながら…
布の後ろに手頃な高さの箱を置き、布を箱に沿わせてからドールを座らせています。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0564.jpg
一番の利点は指先が切り抜きやすいところです。
そして写真素材 足成様から素敵画像をダウンロードして配置。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0565.jpg
黄緑のフェルト一枚しか持ってなくて寸法足りないから追加買ってきます!
ランス「寒いうえに遠いのに…そんなとこだけ よく動くよな…」

Comment

Add your comment