ドールの羽根作り [1/3編]

  09, 2017 06:06
R_Line_Lance-FaceUpOrder0493.jpg
特にファンタジーなネタの予定はありませんが、羽根モノが好きです。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0485.jpg
闇の使者衣装のモデルさんの羽根の形が理想的なのですが、似せたいけれど販売品なら…と思って控えておいたのですが、

R_Line_Lance-FaceUpOrder0487.jpg
後で調べたら売り物ではないと書かれていたので もう片方ではちょっと真似てみようか…と思ったり、
でも羽根が重くなると支えられないかな…

R_Line_Lance-FaceUpOrder0492.jpg
一応ワイヤー仕込みなので(羽根抜け覚悟で)曲げて雰囲気を持たせることも出来ます。

R_Line_Lance-FaceUpOrder0489.jpg

R_Line_Lance-FaceUpOrder0488.jpg

前回(100均材料でドールの羽根 [1/6編])と違って磁石を使いましたので予算は上がります。

〜片翼の材料〜(左右用意するなら倍必要です)

■100均(ダイソー製)ボリュームファーモール:約1本(貼り付ける枚数によります)
 ※1/3では大物を多く使いますのでファーモールを買う際にちょっと気にかけて選ぶと、作業時の長さの過不足に困りにくくなりそうです。

■ワイヤー(私は自遊自在):イメージに合わせた長さ

■ネオジウム磁石(Φ15×1.5mm):10枚(埋め込み用リバーシブルなら2枚、背中側に4枚、肩に4枚)
 ※服に取り付けています。布の厚みで磁力が変わりますので あくまで目安に過ぎません。
 磁力はワイヤーに付きますし外側の布で弱まりましたので、接着剤は使いませんでした。
 ☆記事末に商品リンクを貼っています

■着なくなった黒ニット地(Tシャツの黒など):イメージに合わせた長さ
2016-1230wing01.jpg
このような切り方で長〜〜いものを用意します。

20161227-1.jpg
羽根は大物は土台に、小さいものはアラ隠し用や1/6スケール用においています。
温かなカーペットから離れたくなかったので、大きなビニール袋を切り開いて作業しました。

2016-1230wing02.jpg
イメージはこんな感じです。
ワイヤーの広がりは一部縫って固定することにしました。

2016-1230wing03.jpg
マグネットは両側から挟んでいますしワイヤーにも付きます

2016-1230wing04.jpg
一工程飛びましたが、1/6と同様に一枚ずつもいだ羽根を3〜4枚重ね、外側から徐々に背中側に向かって、二本取りの黒糸で縫いとめていきます。
今回は大きいので一部分ずつ完成に近い状態で進まないと厳しいです。

2016-1230wing05.jpg
1/3なら玉結びで終われる箇所も多くなります。

2016-1230wing07.jpg
幅が少なく感じるところは後で羽根を足します。

  

0 Comments

Post a comment

What's New