陰陽師・紫庵 〜謎の巻物編〜

  05, 2016 06:10
Onmyouji046.jpg
玲凰(レオ:左)「今日は紫庵(シアン)にお勧めの巻物を持って来たぜ」
紫庵(右)「何か気配を感じますが…」


Onmyouji027.jpg
玲凰「さすが天下に名高い陰陽師の紫庵殿!」


Onmyouji028.jpg
紫庵「邪気は感じませんね…。出たがっている様子です」


Onmyouji029.jpg
紫庵「解いておあげなさい」
玲凰「じゃあ遠慮なく」


Onmyouji030.jpg
玲凰「向こうのほうが照れてるみたいだな」
紫庵「警戒されているのでは、ありませんか?」


Onmyouji031.jpg
玲凰「寧々ちゃん。出ておいで」


Onmyouji032.jpg


Onmyouji034.jpg
玲凰「ほら、彼が紫庵様だぞ」
寧々「お初にお目にかかります。わらわの名は寧々ともうします」


Onmyouji033.jpg
紫庵「初めまして、紫庵と申します。貴女の目的は何ですか?」
寧々「私は口寄せを少々使えます。こちらに置いていただけるならば、その力をお貸しいたしましょう」
玲凰「使い様によっては悪用されかねないからな。紫庵の元なら安心だ」


Onmyouji035.jpg
玲凰「ほら紫庵も持ってみろよ。可愛い成りしてるから」
紫庵「容姿よりも その力とやらが…」
寧々「それでは」


Onmyouji037.jpg
寧々「しばしお待ちください……」
紫庵「………」


Onmyouji036.jpg
寧々「紫庵の奴め…!私の全身全霊を賭けてお前を罠にはめて、その地位から引きずり下ろしてやるわ!」
紫庵「その口調は あの者ですね…」


Onmyouji038.jpg
玲凰「…フッ。どうやら男から強烈に思われているみだいたな」
紫庵「そのようですね。受けて立ちましょう」


Onmyouji039.jpg
寧々「いかがでしょう?置いていただけますか?」
紫庵「ええ。歓迎致しましょう」
寧々「ありがとうございます!!」


Onmyouji040.jpg
玲凰「取引成立だな。掛け軸代と手数料で五両頂戴するぜ」(※現代の200万ぐらい?)
紫庵「五両!?また吹っかけてきますね…」
玲凰「俺の目利き料を舐めるなよ。五両で小さな嫁をもらえるなら安いものだろ?」
寧々「嫁…!?」


Onmyouji043.jpg
寧々(まあ、どうしましょう。でも紫庵様でしたら…寧々もまんざらでもありません)


Onmyouji041.jpg
玲凰「それとも?俺としてはもっと吹っかけられる相手に渡しても構わないんだぜ?」


Onmyouji042.jpg
紫庵「分かっていますよ。払いましょう」
玲凰「毎度あり」


Onmyouji044.jpg
玲凰「お前もお上に吹っかけてるくせに渋るよな。一体何に使っているんだ?」
紫庵「少々大きな買い物をしましてね」


Onmyouji045.jpg
紫庵「玲凰殿、これからもご尽力願います」

〜思いついたら続く〜

0 Comments

Post a comment

What's New