妖精さんの日々|嬉しくも切ないクリスマス

  24, 2015 06:32
Fairy-life0212.jpg
チルチル「シルビアさんのお側にいられるのは嬉しいけど、彼女さんはいいのかな?」
Lab「ワンワン」


Fairy-life0214.jpg
Lab「ワンワワンッ」
チルチル「えっ!わわわたし彼女さんに一緒に暮らしてるなんて言ってないよ!」


Fairy-life0215.jpg
シルビア(な…!まさか犬と話せるのか!?)


Fairy-life0216.jpg
シルビア「こらLab、プライバシーを勝手に話すな」
Lab「クーン…」


Fairy-life0218.jpg
シルビア「まったく……」
チルチル「ごめんなさい!Labちゃんは何も悪気は」


Fairy-life0220.jpg
シルビア「…そうだな。話し相手が出来て嬉しいんだろう」
Lab「ワゥン」


Fairy-life0221.jpg
シルビア「Labが病気の時はチルチルが居てくれると助かるだろうな」
チルチル「は、はいっ!シルビアさんがご病気の時も精一杯っ!」


Fairy-life0222.jpg
シルビア「ケーキ買ってきたから一緒に食べよう」
チルチル「わぁ…ありがとうございますっ!」


Fairy-life0223.jpg
チルチル(さしあげるどころかサプライズされてしまいました…)


Fairy-life0224.jpg
チルチル「シルビアさん……」
シルビア「ん?」
チルチル「あの…その…彼女さんとはどうして…」


Fairy-life0225.jpg
シルビア「ハウスキーパーに話すことは無い」
チルチル「そうですよね……すみません」


Fairy-life0226.jpg
シルビア「でもチルチルは彼女の都合のいいように誤解されていたわけだ」
チルチル「ごめんなさいLabちゃんから聞いてしまいました…」
シルビア「いや僕のほうが謝らないと。怒って本当に悪かった」


Fairy-life0227.jpg
シルビア「そもそも誤解も解けない、修復不可能な状態を招いたのは僕だ」
チルチル「彼女さん、わたしが出てきてホッとしたというよりも…悲しそうな声に聞こえました」
シルビア「何を考えているのか最後までわからないな」


Fairy-life0229.jpg
チルチル「彼女さんの知らないところで、シルビアさんの生活が変わっていることが悲しかったのかも…」
シルビア「それはお互い様だろう」
チルチル「そうなんですけど…」
シルビア「僕達の事にチルチルを巻き込んでごめんな」
チルチル「いえ……」


Fairy-life0230.jpg
チルチル(彼女さんは引き止めて欲しかったのかな? それとも、もっと色々話して欲しかったって思ったのかな?)


Fairy-life0232.jpg
チルチル(新しい彼女さんがみつかったら、わたし全力でお二人を応援しますっ!)


Fairy-life0231.jpg
チルチル(それまではもう少しだけ……わたしに思い出をください)

※ランス増員前からこのシナリオで変更していません。

追記は拍手コメントの返信です。

***

■拍手コメントの返信

メリークリスマスです(*´∀`*)ありがとうございます!!
色んなお店をハシゴしたり、ネットでウロウロと数年がかりで集めてきました。
特に『クリスマス終わりのセール品』をゲットできるとラッキーです☆
今日の夕方頃からが狙い目ではないかと思います(o^∇^o)機会がありましたら是非♪

0 Comments

Post a comment

What's New