妖精さんの日々|妖精に好かれたら見えるんです

  17, 2015 07:08
Sylvia-TYLTYL0130.jpg
チルチル(右)「スタンドランプの電球が切れてしまいました…」
シルビア(左)「前に買い置きを使ったな。僕も見たい物があるし一緒に買いに行こうか」


Sylvia-TYLTYL0131.jpg
チルチル「いけませんっ!週刊誌にバレてしまいますっ」
シルビア「記者に張られるほど有名では…」


Sylvia-TYLTYL0132.jpg
チルチル「わたしが妖精だってことがっっ」


Sylvia-TYLTYL0133.jpg
シルビア「なんだ、自分の心配か」


Sylvia-TYLTYL0134.jpg
チルチル「なんて冗談です♪普通はこの耳は見えません」
シルビア「え?じゃあ僕は普通じゃないってこと?」
チルチル「はいっ!シルビアさんは特別な人だからです
シルビア「いや今までそんな素質は全然…」


Sylvia-TYLTYL0135.jpg
シルビア(この調子で霊が視えるとか…特異体質になったら嫌だな

0 Comments

Post a comment

What's New